コンテンツへスキップ
【小児足病医が伝える】赤ちゃんの足にやさしいアティパスの5つの魅力とは

【小児足病医が伝える】赤ちゃんの足にやさしいアティパスの5つの魅力とは

赤ちゃんの健やかな成長を願うパパママにとって、足の発達をサポートする靴選びは重要ですよね。「どんな靴を履かせればいいの?」「赤ちゃんの足に良いメーカーは?」など気になることは多いでしょう。


そんなパパママに知ってほしいのがアティパスです。

今回は、スペインで小児足病医として働くNeus Moya先生に、赤ちゃんの足に優しい「アティパス」の特徴と5つの魅力についてくわしく解説してもらいました。


1.柔らかく薄いソールで自然な歩行をサポート

1.柔らかく薄いソールで自然な歩行をサポートの画像

アティパスの靴は、驚くほど薄いソールが特徴です。

この薄さのおかげで、赤ちゃんの足の動きを妨げません。


また、靴全体が柔らかい素材で作られており、特につま先部分は簡単に折り曲げられるデザインになっています。


かかと部分もほとんどなく、靴全体が靴下のように伸縮性があるので赤ちゃんは自由に歩くことができます。


【こちらもおすすめ】



2.つま先部分の工夫で爪を守る

2.つま先部分の工夫で爪を守るの画像

赤ちゃんの爪が折れやすいといった悩みを抱えているパパママは多いのではないでしょうか。


アティパスの靴は、つま先部分が高く設計されているため、衝撃を和らげ赤ちゃんの爪を守ってくれます。


赤ちゃんの爪の問題で悩んでいるパパママにおすすめのポイントですね。


3.ぽっちゃり足の赤ちゃんにも安心

3.ぽっちゃり足の赤ちゃんにも安心の画像

アティパスの靴は靴下のような形をしているため、調節部分がありません。


私の子供たちは足がぽっちゃりしていたのですが、履く際に全く問題はありませんでした。


そのため、足に合わせて調節できないことを心配しているパパママにもおすすめできます。


4.蒸れ対策もできる万能なインソール

4.蒸れ対策もできる万能なインソールの画像

以前親御さんから、ソックスシューズを履くと子供の足がすごく蒸れるといった話を聞きました。


アティパスのソールは通気口があるため蒸れにくい設計になっていますが、気になる蒸れ対策としてインソールの使用がおすすめです。


アティパスの取り外し可能なインソールは余分な汗を吸収してくれるので、蒸れが気になる方には特に効果的。


靴とセットで購入するようにすると、赤ちゃんの足のサイズ変化にも気づきやすくなりますよ。可能であれば、定期的にインソールを交換するのがおすすめです。


【こちらもおすすめ】



5.室内だけでなく屋外でも活躍

5.室内だけでなく屋外でも活躍の画像

たくさんの方々がアティパスをおうちの中や保育園の中で使っているという話を聞いたことがありますが、アティパスは室内だけでなく屋外でも使用可能な靴です。


実際、私の子どもたちは公園や外出のときにたくさん使っていましたよ。


屋外で使えないと思って結局出番がなくなってしまうこともあるので、購入を躊躇している方はぜひ参考にしてくださいね。





専門家の先生のご紹介



小児足病医:Neus Moya先生

小児足病医になる前は看護師として勤務。

医師である父とともに足病学の学位を取得。

現在は小児足病医として診療所の運営も行っている。


参照:https://neusmoyapodologa.com/





Liquid error (layout/theme line 146): Could not find asset snippets/back-in-stock-helper.liquid