赤ちゃんの足には骨がない?!  大人の足と違って、赤ちゃんの足はふわふわ、プニプニ。実は赤ちゃんの足の骨は、大人のようなしっかりしたものではないって、知ってました? もともとヒトの足は軟骨のみでできており、そこにカルシウムが付着することでだんだんと硬い骨になっていきます。足の骨が完全に硬い骨になるのは、実は18歳前後といわれています。 赤ちゃんの足に良い靴とは?  赤ちゃんの足は大人と違ってゆびとかかとの間が短く、ゆび先も扇の形に広がっています。ただ「骨が軟らかい」ということは、逆に言えば成長途中の足は変形しやすいということ。足に合わない靴を履くことで足の形が変形しやすくなり、大人になってからのトラブルにもつながります。  ではそんな赤ちゃんの足に合うような靴ってどんなものがあるでしょう。 1 足のゆびが縮まらない、きちんと使える形のもの  つかまり立ち、よちよち歩きの時から、足のゆびはしっかり使われています。ゆびが靴の中で縮こまっている等でうまく使えないと大人になってから足のトラブルが早く出てしまう可能性が大きくなるため、ゆびの形にあったつま先の靴を選ぶ必要があります。 2 足の動きに合わせてしっかりついてきてくれるもの  ヒトの足は歩行の際、踵からゆびの先に向かってローリングしながら重心が移動していきます。赤ちゃんはそこまで厳密ではありませんが、しっかり重心移動できるように、よちよち歩きのうちから足に靴がしっかりついてきてくれる、足の動きに合わせて靴が屈曲してくれるものがいいですね。  「まずはアティパスから」という選択。  アティパスはつま先部分が赤ちゃんの足の形に合った扇形をしているので、歩行の初期の段階でもゆびをしっかり動かして歩くことができます。またソックスシューズなので足にピタッとフィット。靴底は柔らかいラバーなので、屈曲性も抜群です。  赤ちゃんの足を守り、歩く練習の際のお役立ちアイテムとしても最適です。  

Read more