子供靴のサイズは1cm大きめでも平気?大きすぎる問題やサイズの測り方をご紹介

お子さんがいる家庭において悩みの多い靴選び。

「子供の靴のサイズが分からない…」
「すぐに成長するから少し大きめでも問題ない?」
「1cm以上大きいサイズを買うと良くない…?」

赤ちゃん、子供の成長は驚くほど早いもので、それに伴い靴も揃える必要があるためこのような悩みを抱える方も多いのではないでしょうか?

正しいサイズの靴を選んであげることは、大切なお子さんを健康に成長させるための重要な要素です。

そこで本記事では、「子供靴のサイズは1cm大きめでも問題ないのか?」「正しい靴のサイズの選び方」について解説します。

この記事の内容を参考に、お子さんの靴選びを進めてみてください。

子供の靴のサイズは1cm大きめが理想?

一般的な子供の靴の適正サイズは、足のサイズより0.5~1cm大きめが理想的です。

特に、成長が速い子供の足には、快適さと動きやすさを確保するために、適度な余裕が必要になります。

また、足のサイズの測り方は、測る人や測り方によって同じ足でもサイズが異なってくるので、正しい計測方法でサイズを測ってあげることも重要です。

適正サイズはメーカーによってもさまざま

ただし、理想的な靴の大きさのサイズは販売しているメーカーによっても変わってくるのが事実です。

たとえば、主にベビーシューズを提供しているアティパスは、専用のサイズ計測シートを活用することで、お子さんの足に対して同じサイズの靴を推奨しています。

気になる靴を見つけたら、メーカーの推奨サイズを確認したり、店舗の販売員さんに相談しましょう。

大きめのサイズの靴を履くとどうなる?

適切なサイズより大きめのサイズを選ぶとどうなるのでしょうか?ここでは、大きめのサイズの靴を履く際の問題点についてご紹介します。

1. 怪我の可能性が高まる

1つ目は怪我の可能性が高まることです。適正サイズより大きすぎる靴を履くと、子供は転倒やつまずきのリスクが高まります。

子供は日常的に様々な活動を行うため、靴が足に適切にフィットしていないと、バランスを崩しやすくなります。特に走ったり跳んだりする際に、靴が足から滑りやすくなり、これが直接的な怪我の原因になることがあります。

また、大きすぎる靴は足をしっかり支えないため、足首の捻挫などの怪我のリスクも高まります。

2. 足が変形したり姿勢が悪くなる

2つ目はお子さんの足が変形してしまったり、姿勢が悪くなる懸念があることです。子供の足は成長段階にあり、サイズが合わない靴を長時間履くことで、足の形が変形するリスクがあります。

例えば、靴の中で足が前後に動きすぎると、足の指が常に圧力を受け、正常な形を保てなくなる可能性があります。また、靴が大きすぎると、子供は自然なフォームで歩けなくなり、これが長期的に姿勢の悪化につながることもあります。

正しい姿勢や健康状態を保つためには、足を適切に支えてあげる靴が必要になります。

3. 靴を履きたがらなくなる

3つ目は、大きな靴を履き続けるとお子さんが靴を履きたがらなくなる可能性があることです。靴のサイズが合わないと、お子さんは非常に不快な思いをします。

靴が大きすぎると、歩くたびに靴が足に合わない感覚が生まれ、これが続くと靴を履くこと自体を嫌がる可能性があります。

また、靴を履く行為を避けるだけでなく、日常生活や運動することに対する意欲にも悪影響を及ぼすことがあります。

靴が合わないと靴を履いて動きたがらなくなり、結果として外遊びやスポーツなど、活発な運動を楽しめなくなります。

これは子供の健康や社会性の発達にも影響を与えかねません。適切なサイズの靴選びは、子供が日々気持ちよく生活を送るために不可欠です。

正しい足のサイズの計測方法

ここまで子供の靴の理想的なサイズや、大きな靴を履くことの問題点についてご紹介しましたが、正しい足のサイズはどのように測れば良いのでしょうか?

今回は、アティパスが提供している足サイズ計測シートをご紹介します。

アティパスの足サイズ計測シートを使おう

アティパスではベビーシューズを販売していますが、実際の足の大きさに合わせて靴を選んでもらうため、正確な足のサイズを計測できる「足サイズ計測シート」をご用意しています。

アティパスのベビーシューズは、実際の足の大きさに合わせて靴のサイズを選んでいただくことを推奨しています。

印刷して利用できるので、足のサイズを計測したい方はぜひダウンロードしてみてください。

足サイズ計測シート

アティパスのベビーシューズの紹介

最後に、アティパスが提供しているベビーシューズをご紹介します。

アティパスでは、ハイハイ期から2歳頃までの赤ちゃんを対象としたベビーシューズをご用意しております。靴下をベースにデザインされた人間工学に基づいたベビーシューズで、実際に歩く前から履き始めることで、早めに靴の感覚になれることができます。

先程ご紹介したサイズシートを使うことで、赤ちゃんにぴったりのサイズを選ぶことができるので安心です。

万が一アティパスの靴のサイズよりもお子さんの足の方が小さい場合は、専用のインソールがあるので足のサイズを調整しましょう。

これから歩き始める赤ちゃん、2歳までのお子さんがいる方は、ぜひアティパスのベビーシューズを試してみてください。

まとめ

本記事では、子供靴の理想的なサイズと、靴のサイズが大きすぎることによる問題点、おすすめの足計測方法などについて紹介しました。

お子さんが成長する上で足の重要性は高く、そのためには適切なサイズの靴を選んであげる必要があります。

本記事の内容を参考にしながら、お子さんにぴったりの靴を探してみてください。

アティパスのベビーシューズを確認する>

このブログもおすすめ