足に良いベビーシューズは?選び方やアティパスの歩育シューズも

歩き始めの赤ちゃんが履くベビーシューズ。

お子さんの健康や成長のためにも、足に良いベビーシューズを選んであげたいですよね。

そこで本記事では、足に良いベビーシューズやアティパスが提供する歩育シューズをご紹介します。

これからベビーシューズの購入を検討する方、選び方に迷っている方はぜひ最後までご覧ください。

ベビーシューズとは?

ベビーシューズは、赤ちゃんの足の発育をサポートし、安全に歩行を助けるための靴です。赤ちゃんの足に優しい柔らかい素材で作られ、安全性に配慮しています。

私たちアティパスの場合は、特に赤ちゃんの足の健全な成長を促進するように設計された歩育シューズを提供しています。これにより、裸足に近い感覚で赤ちゃんが歩行を学ぶことができます。

ベビーシューズを履き始める時期

一般的なベビーシューズの場合、赤ちゃんが1歳前後になる、または自力で10歩歩けるようになった時に履くことを推奨されます。

しかし、私たちアティパスの歩育シューズは、より早い生後5ヶ月頃から赤ちゃんがお座りできるようになった時点で使用を開始できます。

これにより、早期に靴慣れを促し、つかまり立ち、伝い歩きといった成長段階に寄り添って、赤ちゃんが足をしっかりと支えて歩き始めるよりも前の段階からサポートすることができます。

ベビーシューズとファーストシューズの違い

一般的なベビーシューズとファーストシューズの違いについても触れていきましょう。はじめにそれぞれの靴の履き始めの時期ですが、ファーストシューズは赤ちゃんがつかまり立ちやよちよち歩きを始めた頃に人生で初めて履く靴を指します。一方で、ベビーシューズはファーストシューズを履いて歩き始めるようになった赤ちゃんが履く靴です。

役割については、ファーストシューズは赤ちゃんの足を保護することに特化している一方で、ベビーシューズは歩きやすさや足の成長をサポートする役割があります。

デザインに関しては、ファーストシューズは赤ちゃんの足を守ることを重視したデザインですが、ベビーシューズはより多様な選択肢が揃えられています。

これらの点から、アティパスの歩育シューズはファーストシューズの側面もベビーシューズの側面も兼ね備えており、デザインについても豊富な選択肢があるため気に入ったデザインを見つけやすいです。

足に良いベビーシューズの選び方

足に良いベビーシューズを選ぶためには、サイズ、素材、機能性、デザインの各ポイントを慎重に考慮することが重要です。

サイズ

赤ちゃんの足は急速に成長するため、正確なサイズ選びが欠かせません。足の長さだけでなく、幅や甲の高さも考慮して、赤ちゃんの足形に合わせたサイズを選びましょう。足の成長を妨げないためにも、適度な余裕を持たせることが重要ですが、大きすぎると転びやすくなるので注意が必要です。

適切なサイズは靴のメーカーによって異なるため、赤ちゃんの足のサイズに対してどの程度の大きさの靴を買うかは、各メーカーに確認をしましょう。

素材

赤ちゃんの敏感な足には、通気性が高く柔らかい素材が適しています。天然素材や肌に優しい合成素材を選ぶことで、汗をしっかりと吸収し、蒸れにくい環境を提供できます。

また、赤ちゃんが快適に動けるよう、柔軟性にも優れていることが望ましいです。

機能性

赤ちゃんの安全な歩行をサポートするために、滑りにくいソール、サポート機能があるかかと部分、足の自然な動きを促進する柔らかさなど、機能性にも注目しましょう。

また、赤ちゃんが自分で履きやすい構造かどうかも重要です。バランス感覚を養うためにも、地面の感触を感じやすい設計が好ましいです。

デザイン

機能性はもちろん、親子共に気に入るデザインを選ぶことも大切です。カラフルで楽しいデザインや、好きなキャラクターがあしらわれたものなど、赤ちゃんが喜んで履くような愛らしいデザインを選びましょう。

また、服装とのコーディネートを考慮して、様々なスタイルに合うデザインを選ぶのも一つの方法です。

赤ちゃんの足のサイズの測り方

赤ちゃんの足のサイズを測るためにはさまざまな方法がありますが、アティパスでは足サイズ計測シートを使うことを推奨しています。

アティパスの足サイズ計測シート

先ほどもお伝えしたように、お子さんの足に良いベビーシューズを選ぶためには、正確なサイズ計測が欠かせません。足のサイズを正確に測るために、アティパスで足サイズ計測シートをご用意しました。

このシートを使うことで、お子さんの正確な足のサイズを計測することができますし、このサイズに応じたぴったりのアティパスの歩育シューズを選ぶことができます。

印刷して利用できるので、足のサイズを計測したい方はぜひダウンロードしてみてください。

アティパスの歩育シューズ

アティパス(Attipas)の歩育シューズは、裸足のような感覚で歩けるシューズとして研究結果に基づき、2011年にソウル大学の認知行動発達センターと共同で開発されました。

アティパスの特徴には、幅広のつま先スペース、軽量設計、洗濯機洗い可能なお手入れの容易さ、滑りにくい靴底、薄いソールによる足裏の感覚の維持、フィット感と柔軟性、通気性の良さなど、機能性に優れています。

また、前述したサイズ計測シートを使えば適切なサイズ選びができますし、さまざまなデザインを取り揃えているので、きっとお気に入りのデザインが見つかるはずです。

足に良いベビーシューズを選ぼう

今回は、ベビーシューズの選び方や赤ちゃんの足のサイズの計測方法、アティパスが提供しているおすすめの歩育シューズをご紹介しました。

赤ちゃんにとって、今後の足の成長のためにもシューズ選びはとても重要です。

本記事の内容を参考に、お子さんの靴選びを進めてみてください。

このブログもおすすめ