コンテンツへスキップ

日本のファミリーに愛される

裸足の感覚で歩ける
歩育シューズ

アティパス ロゴ

ソックスシューズが人気の
理由

1

履きやすい
(靴下感覚で履ける)

2

室内でも
使える

3

滑りにくい
靴底

baby-illust
つかまり立ちがはじまると、そろそろ靴かなと思う親御さんも多いのではないでしょうか?
 ベビーシューズとして人気のソックスシューズは靴下みたいに履かせやすくて、室内でも使える。滑りにくいので安心して履かせてあげられる一方、大人の履く普通の靴と比べると「足に悪そう」なんてイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。

ですが、そんな心配も「アティパス」なら不要です。

はじめてのあんよをサポートする
「歩育シューズ」アティパス

歩きはじめに大切な
“裸足の感覚”を赤ちゃんへ

アティパス 特徴 メリット 履かせやすい
アティパスは本来歩きはじめの赤ちゃんにとって一番よい「裸足」の感覚を靴を履いていても感じられるようにと赤ちゃんの足を研究し、誕生しました。
つま先が膨らんでコロンとしたアティパス独自のソックスシューズの形には、赤ちゃんの足にとって大切なことがたくさん詰まっています。
指を上下に動かせるまんまるソール
アティパス 滑り止め 足裏の特徴
赤ちゃん 正しい歩き方が身につく 正しい位置で曲がる
靴下のように履かせやすい
アティパス 選べるサイズ
アティパスは2009年にスタートし、
今ではオーストラリア、スペイン、アメリカなど
世界30ヵ国以上のママやパパに愛される
安心、安全のブランドです。

レビュー

独特なフォルムの理由

1

地面を感じるための薄いソール

地面を感じるための薄いソール
アティパスを見てみるとソールが薄いけど大丈夫?と感じられる方もいるかもしれません。
アティパスのソールが薄いのは足裏のセンサーを活かすためです。
赤ちゃんの足裏は元々プニプニとした厚みがあります。その足にソールの厚いシューズを履いてしまうと本来持っている地面を感じ取る足裏のセンサーが鈍くなってしまいます。
最低限の薄さでも踵にはしっかりとフィット感があり、一歩ずつしっかりと踏み込めます。

2

指先を動かすためのまん丸ソール

指先を動かすためのまん丸ソール
歩きはじめの赤ちゃんは、まっすぐ歩くことができません。左右によちよちバランスを取りながら一生懸命歩きます。
それを支えるのが扇型の足。左右に広がった指先を上手に使いながら自分のカラダのバランスを取っています。
アティパスはそうした赤ちゃんの歩きはじめの頃の足と、歩き方に着目。まん丸と膨らんだ足先のソールは上下左右にしっかりと指先が動すためのデザインです。

3

通気口になる足裏の小さな穴

通気口になる足裏の小さな穴
赤ちゃんの足は大人以上に汗っかきです。蒸れやすい赤ちゃんの足裏を快適にするために、アティパスのソールの裏には通気口になる穴が空いています
使い終わったら洗濯機で簡単にお手入れすることもできます
簡単にお手入れできることは赤ちゃんだけでなく、家族にとっても嬉しいポイントです。

4

足に負担をかけないための軽量設計

足に負担をかけないための軽量設計
大人が想像する以上に赤ちゃんにとって体に身に付けるものの重さは負担がかかります。
なのでアティパスはシューズの重さにも気を付けました。
デザインやサイズによって異なりますが、片足約40グラムと軽量にすることで、赤ちゃんの歩きたい!という気持ちを邪魔しません。

はじめてのあんよをサポートする
「歩育シューズ」アティパス

お出かけ準備もラクラク!

アティパスを履く際にはソックスは必要ありません。なので、シューズを履かせるワンステップでお出かけ準備が完了します。 履き口と、かかと部分が足にフィットするので脱げにくくなっています。お出かけ先で「あれ、靴なくなっちゃった」なんて心配はいりません。

サイズガイド

アティパスは10.8cm/11.5cm/12.5cm/13.5cmの4サイズ展開。
成長に合わせてサイズアップしながら履けるのがポイントです。
アティパス サイズガイド
※足のサイズに合わせてアティパスのサイズをお選びください。
※長さがピッタリでも横幅がきつく感じる際にはワンサイズ大きいものをお選びください。横幅は、サイズページにある「計測シート」でご確認いただけます。
※アティパスより少し足が小さい場合は専用インソールで調整いただけます。
※左右で足の大きさが違う時には大きい方に合わせてアティパスのサイズをお選びください。

LINE UP